事務所所在地
〒031-0842 八戸市岬台一丁目11-11

最高資格【損害保険トータルプランナー】が3名いるプロ代理店

2016.06.08直進車同士の過失割合

  交差点で直進車同士が衝突した場合の
  交差点の類型ごとの、基本過失割合一覧です。


①信号機のある交差点
 青色の側:0  赤色の側:100

②一方が優先道路である交差点
 (優先道路とは標識で優先道路と標示されている道路、または交差点内を白線が貫通している道路をいう)
 優先側:10  その交差道路側:90

③一方に一時停止がある交差点
 一時停止のない側:20 一時停止側:80

④一方が明らかに広い交差点
  広路側:30  狭路側:70
 (一方が明らかに広いとは、交差点入口で客観的に明らかに広いと、一見して判断できる道路)
 (解りにくいですが、狭い方に比べおよそ1.5倍くらい広い道路は、明らかに広いとなる可能性があります)

⑤同幅員の交差点

 左方側:40  右方側:60
 (左方・右方とは、自分の進行方向から見た相手の位置です。実際はぶつかる前に、
  自分が右か左か解るわけありませんが、道交法に左方優先があるため、結果責任です)

 

 この一覧のように、過失割合は交差道路の関係でおおよそ決まるという事は
 解って頂けると思います。
 後は色々な状況を加味して、最終的割合を協議していきます。
 基本割合から+-20%が限度と思って下さい。


 

事故対応事例

最近の記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

取扱い保険会社