事務所所在地
〒031-0842 八戸市岬台一丁目11-11

最高資格【損害保険トータルプランナー】が3名いるプロ代理店

2016.06.19ブレーキのパイプを切られる

上の写真は、切断されたオイルパイプです。

この前、イタズラにしては悪質な、ブレーキパイプを切断される
事件が起きた。

月極の駐車場に一晩駐車して、翌朝車を動かそうとしたら、
ブレーキを床まで踏んでも、何にも抵抗がなかったそうだ。
おかしいと思い、ゆっくりバックし車の駐車位置を見ると、
液体のようなもので、水たまりができていたという。
すくってみると、油のようなもので、すぐにブレーキオイルだと
解ったそうだ。

近くのガソリンスタンドまで、そろりそろりと走って行き、
見て貰ったら、パイプが切られているのが解った。
スタンドの職員は、これは車に詳しい者の仕業だと断定。

警察に連絡し、被害届を出した。
一晩の時間をかけてオイルは抜けてくれたが、もし切られた直後に
運転していたら走行中に少しづつオイルが抜け、いざブレーキを
掛けたら全く効かなかったという可能性もある。
そうなれば事故が起きる可能性が高く、とてもイタズラでは
済まされない。

皆さんもブレーキを踏んだら、抵抗が全くなく床までペダルが届いたら
ブレーキオイルがなくなっている可能性があります。
気を付けて下さい。

今回の件は、車両保険ではイタズラと処理されて、1等級ダウン・
1年間の割増ですが、この人は3年契約だったため、実質保険料の
割増はなく、保険で処理できました。

車両保険をかけていれば、このようないたずらや、落書きなども
補償されます。
一般条件でも、車対車+Aでもどちらでも補償されます。
保険の対象かどうかは、自分で判断せず、代理店に問い合わせ下さい。


*3年契約の割増期間の計算は、1等級ダウン事故1件・保険期間3年ですから
1×1-(3÷2)=答えはマイナスとなり、結果、割増期間は0となります。
この方は朝日火災の6年契約には入れなかったため、東京海上日動の3年契約でした。





 

事故対応事例

最近の記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

取扱い保険会社